寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

幼少期の貧しい思い出 脱出しようとする信念と圧倒的文化資本不足

とある日の

 

当直飯

f:id:Marskoin:20200901153955j:plain

 

プラチナチャレンジで散財したので

久しぶりに夜の病院で働いてきました。

もう当直をする身分ではないとか年齢ではないとか

そんなつまらないプライドは捨て去ります。

・・昔、そうした時期がありました・・笑

遊びと仕事メリハリをつけて頑張ります。

 

最近の当直飯は90年代に比べるとかなり良くなったと思います。

感謝して当直飯をいただきます。

 

 

 

先週土曜日に子供のころ貧しかった時期があると書きました。

その時期は文化資本を身につけるどころか

美味しいものも食べられず

 

ふと思い出しました・・

 

幼少期の頃のこと

庭先で土を掘ってミミズを探した記憶があります。

 

ミミズをどうするのか。。

 

 

分かる方いらっしゃいますか?

 

 

煎じて飲むんです。

 

いや~~~~~

まずい

ってまずいどころの話ではない

 

強烈な匂いとまずさで

まだ幼少期でしたが強烈な記憶として残っています。

あの一コマと匂い・・

 

ミミズを煎じて飲むのは本当にありなのか。

調べてみました。

 

mimizu

 

一般用医薬品 : みみず一風散

 

一応、古来使われていたようですね。

 

 

小学校にあがるころ、貧困から脱することができました。

勉強や読書をまじめにやったのは脱出しようという潜在意識があったのかもしれません。

ただ、文化資本は圧倒的に足りていなかった。

中学で附属中に進学して、足りないことを子供ながら自覚できたのはラッキーでした。

 

今、アカデミックの世界で頑張れるようになったこと

そして

文化資本が意識できるようになったことに感謝しています。

 

 

#貧しいころの思い出 #ミミズ茶

 

 

 

Marskoinのツイッターはこちら

 

 

貧しさから抜け出すための貯株をはじめよう! 

 

 楽天マラソンでポイントをお得にゲット