寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

今ある環境がヤバければ抜け出す努力をしなければいけない

とある日の

 

当直飯

 

 

f:id:Marskoin:20200524134045j:plain

 

ゴールデンウィークの当直飯の写真のストックです。

量は少なめですが、当直飯としては質が高いと思います。

この病院は立地も最高です。

寝当直でこのようなハイソな立地に行くこともあれば、いわゆる下町エリアに行くこともあります。最近は当直自体が1年ぶりで久しぶりではありますが。

当直に行く道すがらで、その町の雰囲気や暮らしぶりが分かります。

 

Marskoinはこのゴールデンウィークは当直・日勤三昧でした。

種銭を作って投資、上の世界に近づくための行動です。

普通に勤務医として働いていたのでは上の世界(経済的な)には決して行けません。

この気づきから行動あるのみなのです。

 

 

当ブログのご意見番のMarshal 先生からいただいたコメントです。

いつもありがとうございます!

 

現代の日本は経済的にも文化的にも、二極化が著しくなって来ている気がします。

東京港区に住んで、小学校が慶應幼稚舎、学習院初等科、白百合、聖心などから成人になった人々と、地方のヤンキーでは文化や価値観が違い過ぎて、お互いに交流が成り立たない気がします。

特にこの動画は顕著です。


【暴走族】ザ・レディース-暴走紅烈伝(チーム紹介編)

 

これは「なめ猫」「ビー・バップ・ハイスクール」「スクールウォーズ」時代の日本でしょうか?? 現代の日本における光景とは驚きです。

www.google.com

 

同じ頃の港区における光景:

seishonen.tokyo

 

seishonen.tokyo

 

 

確かに成人式はその地区の様子を反映しているのかもしれません。

毎年のように成人式で暴れる若者がニュースになりますが

港区の成人式ではありえないですね。

上品さが・・・(コメント控えます)

 

成人式で暴れまくって、上の世界にいけるのでしょうか。

暴れまくっても、気づきがあれば抜け出せるのかもしれません。

 

 

Marshal 先生のコメントの続きです。

 

今や立派な実業家 (虚業家?) になった与沢翼氏の若い頃。彼の自伝を読むと、当時の環境に問題があり、埼玉県ですら辺鄙なところでは、彼のように優秀な人材でもこうなってしまうようです。

yozawa-tsubasa.info

かつての のどかな田舎、素朴な田舎に戻ってくれると良いのですが。

与沢さんは本当によく抜け出したものです。

ここにいてそのままだとヤバい

抜け出して別の世界にいく

と10代に気づいて行動できたのがすごい。

このあたりに頭の良さがあるのでしょうね。

 

気づきで行動できる人はいいのですが

環境が悪ければ

そもそも気づけない可能性の方が高いように思う。

 

与沢さんの場合には祖父の方がメンター的な役割をしてくれていたようにも感じます。

勝手な類推でしかありませんが。

 

いずれにせよ気づかせる何か

気づいたら行動できるか

これで

10年後、20年後の住む世界はガラッと変わるのではないでしょうか。

 

10年後の自分に褒めてもらうために

よくやった!

と言われるようにするためには

正しい方法で頑張らないとね。

 

 

 

#10年後の自分に褒めてもらう方法 #今ヤバければ抜け出す

 

Marskoinのツイッターはこちら

 

 

 未来への投資を淡々としています!