寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために寝当直医が読んだ本 その58

チャヴ 弱者を敵視する社会


Owen Jonesさん著、 依田 卓巳さん翻訳

 

 

チャヴ 弱者を敵視する社会 [ オーウェン・ジョーンズ ]

 

 

川崎市で極めて残忍な恐ろしい事件が起きました。

どの時代もどの集団でも変な人はいるのですが

ただ

・・

今の時代の背景を映し出しているような気がします。

この犯人が極めて異常なのは間違いない

けれど

こうした異常者を生み出す土壌ができているような

 

そんな疑問を抱いた時に意図せず

ちょうど読んだ本です・・

イギリスで起きた奇怪で悲惨な事件

そこの事件を紐解き、いろいろと考えさせられました。

 

 

 

独自の見方かもしれませんが

日本とイギリスは似ている様に思います。

 

両方とも島国で近くに大陸がある。 

 

かつて世界の覇権を握っていたイギリスは

その派遣を大国アメリカに譲り渡した。

 

バブルの頃、日本は世界でNo 1ともてはやされた。

しかし、相対的に日本の順位は低下し

いまや経済規模はお隣の大国である中国に大きく差を開けられた。

 

イギリスは混迷している。

下手したらHard Brexitになるかも・・

なぜ、離脱、何が起こっている?

 

この本を読んで腑に落ちた感じです。

日本もイギリスの後追いをしているのでは。

この本の状況はほとんど日本に近づいている。

そんな気がします。 

 

イギリスの労働者階級 CHAVSに相当する階級が

日本でも生まれ日が近いのではないでしょうか。

 

格差社会を直視し、弱者に入らないよう

努力と知識を深めていかねばなりません。

 

おすすめの1冊です!

 

 

Marskoinのツイッターはこちら