寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

二極化が進む中での投資先を考える!

とある日の

 

とあるレストランの天井

f:id:Marskoin:20200928140604j:plain

 

息子君の撮影です。

大人と目線が違うのでなかなか面白い。

 

 

 

当ブログのご意見番であるMarshal 先生からいただいたコメントです。


いつも貴重なコメントをありがとうございます!

リンクはピックアップさせていただきました。

 

やはり長い長い人類の歴史が示すとおり、この日本🇯🇵も トップ 3 % の 金持ち階級 と、97% の 貧困階級 に二極化されて行くのかも知れませんね。

article.yahoo.co.jp

 

www3.nhk.or.jp

 

choco0202.work

 

 

世界各国の中央銀行がお金を刷りまくっていて

お金の価値の希薄化が進んでいます。

 

ですが、このお金はまんべんにいきわたるのではなく

豊かな人に偏って届くように感じます。

 

その結果、物価のインフレは意外と進まないのではないでしょうか・・

一方で富裕層の余ったお金の行き先のインフレが進むように思います。

余ったお金の行き先は、株やゴールドといったところでしょうか。

この観点では、不動産価格もある程度は維持されるように個人的に感じています。

 

とすると

資産形成として持つべきなのは

日本円に限らず、米ドル、ユーロなどの外貨を含めた貨幣ではないのかもしれません。

 

今回のコロナ禍で二極化、貧富の差は拡大するでしょう。

リモートで完結する仕事や状況も見えてきた。

製薬会社のMRさん、展示場、日常の旅客輸送などなど今後厳しさを増すのではないでしょうか。

 

一方、リアル・オンサイトの希少性もみえてきた。

観光はリモートでは置き換わらないように思うのです。

だとするとホテル業界は今後回復していくのかもしれません。

ただ非日常的なホテルは生き残り、出張などで使用される低価格のホテルはやはり厳しいのかもしれませんね・・・あくまで個人的な勝手な予想ですが。

 

ということで

貯金ではなく貯株にまい進します。

ですが、今株価は横ばいなので手元にあるキャッシュはそのままにしています。

 

11月3日(火)、日本時間の11月4日(水)あたり

株価が乱高下しそうですね。

 

そう、アメリカの大統領選です。

このあたりまでキャッシュ枠を温存しておこうかなと

 

もちろん

その前に相場が大きく下がることがあれば

迷わず株を買っていきます!

 

 

#二極化が進む中での投資先を考える #貨幣の希薄化 

 

 

Marskoinのツイッターはこちら