寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために必要なこと その6.1 人間万事塞翁が馬  しんどい現状は未来への投資

 

今日の当直飯

 

2018年1月某日 月曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180716171138j:plain

 

 

定番の東京下町の病院です。

ホイル焼きが美味しいですね。

病院によって、当直飯(=患者さんの食事)は相当レベルに差があります。

でも、最近は全般的に良くなってきてると思います。

いいことですが、90年代は結構酷かったですね。

 

さて、資産防衛のために必要なことの

 

第6章は

Marskoinが資産防衛のために大切にしている心構えの一つ

 

人間万事塞翁が馬

 

です。

 

www.marskoin.com

 

Marskoinの今の生活はかなりきついです。

 

なんで、

こんなにメインの勤務先の給料は安い!?

そこまでこだわって勤める病院!?

なぜ、この歳になってまで当直三昧!?

 

4連直とか120時間連続勤務も

していますので、

今まで人生の中でも相当きついです。

8月は4連直が3回もありますしね。

 

妻にとっても、子育て、節約、体調のこと

など

しんどい時期です。

 

昔は金額など気にせず買い物や旅行してました。

その時はハッピーでしたが、

その生活を続けていれば暗転間違いなしです。

 

現在、しんどいのは未来の家族と自分に投資しているからです。

今しんどいと思うことは、

きっとよい未来につながっていると確信しています。

 

人間万事塞翁が馬

の精神で

必ずや資産防衛と資産運用を

立派なものにしていきます!!