寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

Global Peace Indexから渡り鳥生活の拠点を考えてみる

 

今日の当直飯

 

2018年11月某日 水曜日の夕食です。

f:id:Marskoin:20190320195229j:plain

本日も当直をしております。

種銭つくりができて素直に嬉しい。

結果も出てきているのでさらに嬉しい。

コツコツ頑張ろう。

複利を意識して頑張っております。

 

なぜ頑張るか!?

その目標の一つに渡り鳥生活の実現があります。

2~3か国を、その国の季節のいい時期に生活をする。

 

昨年の9月のブログでは

www.marskoin.com

 

春:セブ島かバリ島

夏:カナダのバンクーバー

秋:日本

冬:ニュージーランド、直行便のあるオークランド近郊

 

と書いておりましたが、

考えはおおむねこの20年変わっておりません。

 

ショッキングだったのは先日の

クライストチャーチのテロ事件です。

自分の中でニュージーランドは安全だと考えていた国だったからです。

ちょっともやっとしていたところ

イギリスのSky Newsがタイミングよく記事にしてくれていました。

news.sky.com

 

GPI(Global Peace Index、世界平和度指数)による平和度ランキング

の記事です。

ニュージーランドはGPI世界第2位です。

だよね。やっぱ基本は平和なんだよね。

 

日本は9位ですが

この10年じりじりとランキングを落しています。

 

ちなみにほぼ毎年1位を獲得しているのは

アイスランドですね。

アイスランドは国内の犯罪発生率も少ない。

初めて知りました。

でも遠いし寒いよね!?

 

詳しく見たい方はこちらをどうぞ。

Sky Newsのソースとなっているものです。

visionofhumanity.org

 

ちなみにこのGPIは犯罪率だけではなく

地政学的リスクや軍事化なども点数化しており

いわゆる治安の良さだけを反映しているわけではありません。

 

渡り鳥生活の拠点を考えるうえで

一定の参考にはなりますよね。

面白いと思います。

 

Marskoinのツイッターはこちら