寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために必要なこと その8.1 未来を見据えて長期間スパンで行動する

今日の当直飯

 

2018年5月某日 火曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180924160317j:plain

 

安定して美味しくヘルシーな当直飯です。

ありがたいですね。

感謝していただきます。

当直のメリットとして、「食べ過ぎない」、「お酒を飲まない」という点が挙げられますね。

デメリットは、なんといっても「真夜中でも起こされる」ですね。

このデメリットを最小化するためには、寝当直の可能性の高い病院で働くということになります。ま、その分、給与はお安めですが。。

 

 

資産防衛のために必要なこと

第8章は「未来を見据えて長期間スパンで行動する 」です。

www.marskoin.com

 

長期間スパンで行動するためには具体的な目標と夢が必須ですね。

 

Marskoinの夢は

渡り鳥生活をすること

です。

 

世界の3か所くらいで、その土地の気候のいい時に住みたい。

春:セブ島かバリ島

夏:カナダのバンクーバー

秋:日本

冬:ニュージーランド、直行便のあるオークランド近郊

 

もうお亡くなりになりましたが

巨泉さんの渡り鳥生活を本気で実現させたい。

候補の国も同じ感じですが・・

家族全員が旅行好き!

海外で暮らすのに何ら抵抗ありません。

アメリカ東海岸での5年弱の暮らしも楽しかったしね。

 

候補の国は気候が良いこと、

差別がないこと、

物価が高くないことです。

もちろん治安のよい地域で生活する必要はあります。

 

税金が安いこと、都市としての機能が高いことを考えると

シンガポール、ドバイなども魅力ですね。

ただ、シンガポールは住居や物価が高いからないかな・・。

 

これを実現させるためには

お金さんと健康が必要です。

 

実現すべくお金さんをためていきます。

運用もしていきます。

そのために今日の当直も頑張ろう!!

 

~PR~

英語が苦手な方はこちらがおすすめです。

言葉は手段ですから、これで躊躇するのはもったいない。