寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

種銭つくりのための修行に向かうための満員電車 強烈な***による攻撃

今日の当直飯

 

2018年9月某日 月曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20190124162208j:plain

 

当直飯は油が少なくヘルシーなのが嬉しい。

体に必要なたんぱく質と野菜がきちんと入っている。

外食だと油が多く、味付けが濃いですよね。

健康に気をつけ、健全に働き、種銭をつくり、

資産防衛・資産運用をしていくことを心掛けております。

 

 

当直をさせていただけることは

効率よく種銭を貯めることができ感謝しています。

ただ、

Marskoinとご縁のある病院は

ともに下町。

 

下町にあること自体はもちろん構わないのですが、

当直明けに都心の病院に向かうのが

ひじょ~~~にしんどいです。

 

なんて

いいますか

不謹慎な言い方になってしまいますが、

奴隷現場に輸送される奴隷船のような居心地

 

Marskoinを含めて同乗の皆さんを

ぎゅうぎゅうにつめて

強制労働の現場に運んでいるような光景に見えてしまいます。

 

昨年の秋のある日のこと

幸運なことに座ることができました。

らっき~~~

 

ほどなくして隣が空いてぽっちゃり系の外国の方がお座りになりました。

ここまで普通なのですが

鼻をつんざくような異臭が!!

へ!?

もしかしてテロ???

いや、これは腋臭だ!!!

顔をそむけるしかできません。

いや、勇気を出して退散すべきでした。

電車を降りたあとも、鼻をつんざくにおいがずっと残っています。

なんで??

病院について自身の上着を確認してみると

鼻が曲がる~~

上着にべっとりとあの匂いが付着しておりました。

病院のアルコールをお借りして消毒しまくりました。。。

 

すみません。

今回の愚痴になるのかもしれません。

でも、この満員電車という名の奴隷船の現状はしばらく変わらないのでしょう。

 

であれば

自衛・自力で抜け出さなければいけませんね。

そのためには種銭つくりのための労働と満員電車に乗らなければいけないということに戻ります。

 

前向きに、胸を張って頑張っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

Marskoinのツイッターはこちら