寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

SBIソーシャルレンディングさんのSBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権の回収について

今日の当直飯

2018年6月某日 月曜日の夕食です。

f:id:Marskoin:20181105192227j:plain

 

資本主義社会を生き抜くために、本日も当直をしております。

修行僧のように仕事をしておりますが、

いつまでもこのような生活を続けるつもりは毛頭ありません。

必ずや抜け出して見せる。

そのために種銭つくりのための仕事、知識の吸収、体力つくりは

諦めずへこたれず継続していきます。

今日の当直も呼ばれないといいな・・

 

 

ご存知のようにソーシャルレンディングはリスクが高いです。

自分の意思での資金の引き上げができません。

とすると、貸し付けの際の審査能力と延滞した場合の回収能力がカギですね。

あくまで個人的なこの視点から、maneoさんグループへは当面の間、再投資は見送っています。

 

SBIソーシャルレンディングさん案件への投資は継続しています。

ですが、そのSBIソーシャルレンディングさんでも延滞債権があります。

以前の記事でも書きましたが、巻き込まれています。

アニサキスの話題とともにお届け~

www.marskoin.com

 

どうやら、延滞債権の一部について回収されたようです。

 

本債権譲渡に伴い、SBISL不動産バイヤーズローンファンド16号、17号、18号、21号につきましては、全運用期間を通じての分配額および償還額の総額が当初出資額を上回ることが予想されます。
  誠に遺憾ながら、SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号、20号、22号につきましては、分配額と償還額の総額が当初出資額を下回ることが予想され、投資家の皆様にはお詫び申し上げます。

 

がっくり・・

SBISL不動産バイヤーズローンファンド19号でした。

どの程度割り込むのか注視していきます。

 

ですが、毅然と迅速に回収していく姿勢は評価できます。

ソーシャルレンディングに決して全力投球はしていませんが、

資産の分散としてSBIソーシャルレンディングさんとOwnersBookさん案件は今後も冷静に判断しながら継続予定です。

 

楽天さんでお買い物マラソンが開催中ですね!

ふるさと納税も追い込みをかけましょう~

 

 楽天経済圏に生息しているMarskoinは、ワクワクです!