寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

種銭集めのために当直という名の修行をするわけ 資本主義に生きているということを自覚する

今日の当直飯

2018年8月某日 水曜日の朝食です。

f:id:Marskoin:20190109195222j:plain

 

ご飯にみそ汁、幸せです。

朝食は和食派のMarskoinです。

 

Marskoinは昔

医者になればお金持ちになれると思ってました。

ですが、間違ってました。

お金持ちになんてなれない。

あ、

小金持ちになっている同期はいますね。

 

卑屈になっているわけではありません。

自分が若い時に

医療手技を磨くことに励んできたり

論文書きに熱中したり

渡米して成果をだせたことは

まぎれもなく貴重な財産です。

若い時からカネカネしてるのもどうかとも思います。

 

ですが

お金を意識して集める努力をしないと

駄目です。断言できます。

若い時からお金に対する意識と知識は

ある程度は必用です。

 

どんなに医療技術と知識があっても

英文論文を多く書いていても

お金がなければ

飛行機ではエコノミークラス

街では満員電車に乗らざるを得ません。

 

資本主義社会に生きているわけですからね。

 

そんなことにも

気付かないふりをしていた

Marskoinなのですが

ある時、ふとしたきっかけで

自分より一回り以上若い成功者のセミナーに

参加してはっきりと気づきました。

はっきりと目覚めました。

 

見習わなければ!!

 

で、

今種銭集めのために当直という名の修行を

日々しているわけです。

 

もう少し若い時気付きたかったという思いもありますが

若い時に全力でやってきたことにも満足しているので

今は違うステージなんだと頑張っております。

 

このあたり、

底辺理三さんがするどい解説をしてくれています。

読むことおすすめです!!

qoltimeandmoney.hatenablog.com

きれいごとだけでは済まされませんね。

この世の中・・・

 

底辺理三さんに断らずリンクしてしまいました~

お気に障りましたらお手数でもご連絡くださいね。

 

ということで

法に触れては絶対にダメですし
Marskoinは小心者で灰色のこともできないので

日々、当直と家族に起業させた会社で地道に種銭集めに励みます。