寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために必要なこと その2.6 節約・・断捨離してスペースの節約 ラクマはじめました!

今日の当直飯

 

2018年3月某日 月曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180815200258j:plain

 

4連直の3日目の晩にこの記事を書いております。

 

お金は大切ですね。

昔は頑張ればお金はついてくると信じていましたが違いますね。

仕事を頑張って実績をつくれば、確かにその業界での実績は生まれます。

でも、そこにお金がついてくるとは限りません。

これは、理系の世界で多い気がします。

優秀な技術者、科学者はお金との距離が遠い・・無頓着な人も多いですが・・

とくに医療の世界は、お金とのつながりが可視化すると途端にうさん臭くなります。

いや、医療だって仕事ですから経済行為の一環なのですが。

もちろん、社会的公共性が高いことは重要です。

科学とか技術とかって社会に役立ってる割には、資本主義社会ではお金にならないんです。

つまり、われわれが生きている社会は資本主義ということを重々承知しないと、お金は近寄ってきてくれません。お金に好まれるよう、お金と仲良くする必要があると思います。

で、

今はお金の勉強をして、意識してお金が稼げるよう貯まるよう日々励んでいます。

そして、日々種銭集め。

日々是修行です。

 

 

先日、Marskoinは断捨離をすると宣言しました。

1日1ずつ捨てるあるいは処理していきます。

当直で帰れない日は、帰宅した時にまとめてやります。

 

捨てるのと並行して、フリマをはじめました。

ラクマにデビューです。

 

かなり遅いスタートですが巻き返したいですね。

新しいものに興味を持つ、飛びつく力を落さないよう気をつけねば・・・

ちなみに

「いいね」はつけてくれた方がそれなりにいらっしゃいます。

ただ、コメントもまだないですし、売れてもいません・・・。

 

並行して「メルカリ」や「ヤフオク」も始めたほうがよさそうです。

使用しない株主優待売れそうですしね。

 

断捨離するということはスペースを作ることになります。

東京都心で倉庫スペースのための家賃を払い続けるのはばかげています。

物を減らして、狭い部屋に引っ越そうと思います。