寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために寝当直医が読んだ本 その10 黄金の扉を開ける賢者の海外投資術

 

「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」

 

橘玲さんのシリーズです。

 

出版されてから時間がたたっていますが、

 

やはり、マネーリテラシーとファイナンシャルリテラシーを

 

身に着けるためには有用です。

 

 

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 (講談社+α文庫) [ 橘玲 ]

 

 

 

343ページから

 

老後の経済的不安は、やり直しのきかない恐怖にある。

 

何かの不運で全財産を失ってしまったら、

 

もういちど社会に復帰して再起を図る機会は与えられず、

 

生活保護を受けるかホームレスとして生きていくしかない。

 

これは確かに怖い。

 

 

345ページから

 

リタイア後の人生にとって大事なのは、

 

国家にあまり期待せず

(どうせなにもしてくれない)

 

安心を売るひとたちを信用せず

(たぶんろくなことがない)、

 

そしてなによりも自由であること。

 

自由に生きるためには、ひとは経済的に独立していなくてはならない。

 

 

 

 

こうした考えを実感として身に着けること、

 

知識として吸収することが大切だと思います。

 

おすすめです!