寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

どの業界にもそれぞれのつらいことがある

とある日の

 

レインボーブリッジ

 

f:id:Marskoin:20200928233501j:plain

 

秋めいてきました。

食べ物がおいしい季節です。

旬のものを美味しくいただきたいですね。

 

 

 

先日、健診のお仕事に行ってきました。

今回は運送会社さんの企業内健診です。

 

今回も受診者さんの喫煙率が高いようです。

ただ、運送会社さんの社員さんだけあって

上腕が太い方が目立ちました。

せっかく筋肉があるのにタバコ吸っています(関係ないか・・笑)。

JTさん、大丈夫そうです。

 

 一方、問診票の自覚症状で多いのが

腰痛、関節痛といった項目でした。

職業病ですね。

 

Marskoinも楽天さんやAmazonさんで買い物を多くするので

運送会社の方々には大変お世話になっています。

 

運送会社さんの負担を軽くするための工夫をしていきたいですね。

アシストスーツとか

 

 

こんなものもありますね。

イノフィス INNOPHYS マッスルスーツEvery タイトフィット MLサイズ MS08-ML-T0-0000-A

 

下手な福利厚生よりもこういうのがいいのではないでしょうか?

 

どの業界もそれぞれつらいことがあるものです。

 

医師の仕事でつらいことの一つが

当直業務です。

夜勤であれば翌日休めるのですが

当直の翌日は普通に日勤しますから・・

 

寝当直であればいいのですが

もちろん寝当直のつもりでも寝られないことも当然ありますよ

 

救急病院の当直だと一睡もできないことがあります。

 

オンコールも

いつも拘束されているようで厳しい・・

医師のつらいことの一つは慢性的な寝不足でしょうか・・

 

ブラックな部分は徐々に改善していかねばならないといけませんね。

 

 健診しながらふと考えた次第です。

 

 

 #健診しながら考えた #職業病

 

 

 LINE証券 意外に楽しいです!

LINE証券

 

Go To トラベルで最強の組み合わせ