寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

健診の仕事で感じたこと その1

とある日の

 

南国の海辺

f:id:Marskoin:20200914205640j:plain

 

南国のこの空気が好きです。

ゆるい感じ

のんびりした空気

 

現実逃避ですね。

南国どころか先日の週末はお仕事でした。

 

東京近郊の街に外勤してきました。

企業健診です。

中小企業何社かをお休みの日に病院で健診するスタイルでした。

 

都心の企業健診とは受診者さんの雰囲気がかなり変わります。

 

Marskoin 「お胸の音を聞きますのでお胸出してください~」

 

患者さん(男性です・・ちなみに女性の場合は胸を出させず服に隙間をつくって聴診器を入れさせていただきます)

「・・・」

 

・・なんかあまり上げてくれない・・

 

Marskoin 「もう少し上まで上げてくださ~い」

 

おずおずと上げてくれたのですが

あ 

紋々がはいっているんですね。

心の中で「失礼しました~」

でもたんたんと診察をしていきます。

 

紋々が入っている方は3名ほどいらっしゃいました。

(個室で診察するので他の受診者さんからは見えませんよ)

 

 

外国の方(ミャンマーとかバングラデシュ方面方のご出身かと思います)もいます。

まだ若い・・20そこそこです

礼儀正しいのですが

なんだかおどおどしています。

会社の中で大丈夫・・かな・・

 

 

別の受診者さん

入ってくるなり問診票等が入ったファイルを投げてテーブルに置く

なんかね~~~

と思いつつも

黙々と診察をしていくわけですが。

この通り

いろいろな人がいらっしゃるわけで

それはそれで気づきもあり

経済も見えてきます!

 

続きます・・

 

 

#健診バイトでの気づき

 

Marskoinのツイッターはこちら