寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

生き残ってこその資産形成

とある日の

 

日勤飯

f:id:Marskoin:20200713191530j:plain

 

お休みの日に外勤してきました。

種銭のためと言いたいところですが、

このところマリオットのプラチナチャレンジをしていますので

その補填というところですね。

 

当直飯ではなく、日勤の昼食となります。

感謝していtだきます。

 

この日は夕方に勤務が終わり次第、プラチナチャレンジのホテルに大至急向かいました

ちなみに家族は先にホテルに入ってもらってプールなどで時間を潰してもらいました。
 

 

 

 

最近、地震や水害などの災害が多いですね。

毎年という感じになってきました・・・

被災された方々が1日も早く平穏を取り戻せることを祈念しております。

 

災害はもちろん来ないに越したことはないのですが

もはや発生するという前提で日々の備えや行動が必用のようです。

 

避難場所の確認

ハザードマップの確認

家族がお互いはぐれたらどうするか

連絡が取れなくなったらどうするか

息子君に笛の吹き方を教えるとか

食料・飲料水を確保しておくとか

携帯トイレを用意するとか

備えはとにかく大切だと思う。

 

www.marskoin.com

 

災害や災難から生き延びねばなりません。

起こってから想定外だなんて言っていても生き残れません。

生き残ってこその資産防衛・資産形成です。

 

まあ、これは出世競争でも、財産つくりでも

なんにでも言えることなのかもしれない。

生き残ること

脱落しないこと

続けられだけの余力を残すこと

心掛けたいと思います。

 

Marskoinは東日本大震災の際はアメリカにおりました。

そのため、どれほど大変なことか

映像でしか理解できていません。

だからこそ自戒をこめて備えたい。

家族を守るためにも。 

 

 

#生き延びる #災害が起きることを前提にする

 

Marskoinのツイッターはこちら

 

 

飲料水も楽天やアマゾンでストックしています。