寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

訪問診療で見えた厳しい環境の方々 その3

とある日の

 

会員制ホテル

f:id:Marskoin:20200421185257j:plain

 

妻がママ友たちと宿泊したことがあります。

接客が見事だったそうです。

会員制に自分はあまり魅力を感じないのですが

妻曰く「特別感がいい!」とのことです。

 

 

 

訪問診療バイトシリーズの続きです。 

 

訪問診療でお伺いした厳しい環境の例。

 

・部屋がスモーク状態であることが少なくない。

煙草を吸いまくっています。そうした部屋でもテレビは必ずついており、新型コロナのニュースが流れまくっています。気をつけることなども聞きながら、耳には入らないようで、すぐ横にはたばこの吸い殻の山・・・

訪問診療の短時間でも白衣に匂いがついてしまいます。

さらに、人によっては、寝たばこの後もうかがえる。

寝たばこは、自分だけでなく隣人にも迷惑をかける。本当にやめていただきたいものです。

自分に対しても周囲に対してもリスクがあることを認識したり直視できないように感じせざるを得ません。

 

・足の踏み場がない。

ゴミ屋敷に近い家もあります。

体調や年齢によって片づけられなくなるのは当然だと思いますが、その状況を改善する手立てがないのはやはり厳しい。公のサービスでできることにも限りがあります。

 

厳しい環境でも

あくまで少ないサンプル数ですが

犬を飼っている方は片付いていて明るいように感じました。

 

ご高齢の方にあまり厳しいことをいっても責めてもいけないとは思います。

なかなかに難しい。

人を変えるのは困難ですが、自分や家族の将来を変えることはできると思う。

 

少し前に年金不足が社会問題となりましたが、

自身と家族のリスクとして認識し対応しようする態度も大切だと感じます。 

 

 

 

 #訪問診療バイト #厳しい現実 #将来のリスクを直視する

 

 

Marskoinのツイッターはこちら

 

 

訪問診療バイトはMRTからの申し込みがおすすめ。

理由:成約率が高く、レスポンスが早いから。

■MRT新規会員登録はこちら

下のQRカードから申し込みも可能です。

f:id:Marskoin:20200419112157p:plain