寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

訪問診療で見えた厳しい環境の方々 その2

とある日の

 

ゆりかもめ

f:id:Marskoin:20200420161744j:plain

 

 

 

経済的にかなり厳しいご夫婦の訪問診療の続きです。

 

とある家の前につきました。

まあ古いけど家ですよね・・・

と思ったら、

そのわきのスペースに入っていきます。

 

けもの道を進んでいくと昭和が残っておりました。
外に流しがあります。

 

看護師「ここです」

Marskoin「・・・」

家というか・・ここに人は住めるのか・・・

 

チャイムもなくノックをするでもなく

ドアらしきところ開けていきます。

 

ヘルパーさんが日々訪問して

掃除や身の回りのことはしてくれているそうですが

まあ、それでも物があふれており

歩くスペースも厳しい。

持参したスリッパをいそいそと履きます。

 

昭和のワンルームといったようなものでしょうか。

暗闇の中でテレビがついています。

誰もテレビを見ているわけでもなさそう。

部屋の中には小型のこたつ

その両脇にご夫婦が対になってこたつに入り横たわっています。

 

奥に横になっている方が今日の訪問診療の奥様です。

確かに旦那さんをまたがないと進めない。

「すみません」とお断りの上、進ませていただきました。

 

かなりシュールな絵です。

文章ではなかなか説明できない。

自分の想像を超えた生活がありました。

こんな空間で生活をされている。

 

夫婦の会話もなく

暗闇の中でこたつに横たわっているだけの生活

 

外との境もあいまいです。

夏には虫がすごいと話していました・・

 

訪問診療を終え、部屋を出るとき

壁にかかった旦那さんの若いころの写真

ビシッとスーツ姿の笑顔でした・・・

 

 

訪問診療やヘルパーさんによって支えられているだけ

日本という社会はまだよいのでしょう・・・ 

 

でも、

お金と健康は

激動の変化の中、

資本主義社会では非常に大切です。

 

将来をにらんだ計画性と

常にアップデートする知識も絶対に必要だと

厳しい環境で生活されている方々を見て

改めて痛感しました。

 

誰しも高齢者になった自分を想像するのは嫌です。

でもたまにはきちんと考えないといけません。

高齢になって弱くなることを考えれば

たばこや偏食は怖くてできないと思う・・・

運動習慣も必須だと気づくはずです。

 

 

 

#訪問診療バイト #格差 #高齢になった自分を考える

 

 

訪問診療の仕事はMRTからの申し込みがおすすめ。

理由:成約率が高く、レスポンスが早いから。

■MRT新規会員登録はこちら

下のQRカードから申し込みも可能です。

f:id:Marskoin:20200419112157p:plain

 

 

Marskoinのツイッターはこちら