寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

The Residence Maldives at Falhumaafushi 2019旅行記その14 ザ レジデンス モルディブのおススメの部屋番号はどこ?

とある日の
 
楽園
 

f:id:Marskoin:20191112145729j:plain

The Residence Maldives at Falhumaafushi
ザ レジデンス モルディブ
からの風景
 
 
 
水上ヴィラ・水上コテージがある
モルディブやタヒチなどでは
すでに行かれている方々から
おすすめの部屋番号などの情報がアップされていることがあります。
 
部屋のロケーションは旅行の快適さに影響する重要なファクタです。
水上ヴィラに泊まっても、潮の流れがはやく部屋から海に降りにくい
風が強く快適でない、波が強くうるさいなどなど
旅行の計画段階から知っておいて損はないと思うのです。
 
ですが、
ザ レジデンス モルディブのおススメの部屋番号の情報はありませんでした。
で、今後いかれる方のために
おススメの部屋番号をご紹介しますね。
 
ご注意点
・10月の旅行であったこと
・雨季と乾季など季節
 あるいは干満の差(大潮など)によって異なる可能性があること
・あくまで一家族の意見に過ぎないこと
・一時点での情報提供に過ぎず、
 リゾートの改修など環境により変化する可能性があること
何卒、ご容赦ください。
 
 
ザ レジデンス モルディブの部屋番号の入ったマップです。

f:id:Marskoin:20191112151108j:plain

 
島のロケーションにより水上ヴィラが分類されています。
 
島の北(地図の右上の水上ヴィラ):N:ノーザンヴィラ
こちら側は水深が深く、先端に行くほど波が高い
先端の部屋番号114の前あたりの風景

f:id:Marskoin:20191112151649j:plain

f:id:Marskoin:20191112151704j:plain

歩くところが波で濡れています。
ザブンザブンと波が打ち付けていました・・・
写真からも海が静かでない様子がお分かりになるでしょうか・・
マップの黄緑点線より先端方向は
潮の流れ、波、風がつよく、部屋にも波の音が響きそうです。
 
 
島の南:(地図の左下の水上ヴィラ):S:サザンヴィラ
こちら側の方が島の北より静かな印象でしたが
ゾーンによって環境がかなり違います。
北側と同様に
マップの黄緑点線より先端方向は
潮の流れ、風が強くなります。
(部屋番号:105番から123番あたりまで)
島の陰にならないせいだと思います。
とくに水色線側は波・風強いです。
部屋番号:333番から343番まで)
 
ピンクの線側のヴィラはサンセットサイドで夕日がみえます。
なにより風が静かで景色もいい。
部屋番号:300番から331番まで)
このピンク線のヴィラがおすすめ。
 
さらに、この中でも島の陰に入っている黄色線のヴィラ
静か、波がない、浅瀬(でも魚多い)、しかも景色もいいで
個人的にはベストですね。
部屋番号:300番から311番まで)
 
300番の部屋の前あたりから311番方向の眺め
島の風下で風も穏やか
魚影多し

f:id:Marskoin:20191112153651j:plain

この写真は桟橋側、つまりヴィラの玄関サイドになります。

部屋からの景色はこの反対となります

つまりサンセット側ですので最高。

 
ただ注意が必用なのは
同じ「プール付水上ヴィラ」であっても
ロケーションによって価格が異なる様です。
 
水色線側のヴィラとピンク線側のヴィラは価格が区別されている印象です。
さらに、個人的にベストだと思う黄色線のヴィラは
人気があり空きが少なくリクエストが通りにくいようでした。
 
Marskoin 家が泊った331番
ピンク線のヴィラ、サンセットサイドの先端
から黄色線ヴィラ方向への眺め
(浮き輪は息子君のご愛敬ということで)

f:id:Marskoin:20191112153058j:plain

風下になるので風が強くなく
波も穏やかになります。
 
これからザ レジデンス モルディブに行かれる方の
ご参考になりましたら幸いです。
 
 
 
#レジデンスモルディブ #Residence #Maldives #モルディブ旅行記 #部屋番号 #おすすめのヴィラ
 
 
 

Marskoinのツイッターはこちら