寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

暗号資産の行く末 リブラはどうなる!?

とある日の

 

東京丸の内

f:id:Marskoin:20191010231421j:plain

 

落ち着きますね。

この時間とこの風景・・

 

 

 

暗号通貨、仮想通貨、デジタル通貨

この行く末はどうなんでしょう。

Marskoin は国家が発行主体でない限りは懐疑的だと思っています。

www.marskoin.com

 

 

先日の日経新聞の記事でまた考えさせられた。

www.nikkei.com

 

なるほどという感じ。

 

リブラの特長の一つはドル、ユーロ、円などの

主要通貨のバスケットに連動することですね。

 

ですが、

安全だとされる主要通貨も債券危機などによ

り大きく変動してきた歴史があり

もし今後そうしたことが起きたら安定性が失われ

リブラも換金で取り付け騒ぎが十分に起こりえること。

 

リブラを活用したがる人の多くが

自国の通貨が信用できない発展途上国の人々だということは

容易に想像つきます。

その国の国民が自国通貨よりリブラを使えば使うほど

自国通貨の価値はさらに落ちてします。

ところが、

その国では公務員をはじめ自国通貨は使われ続けるため

自国通貨で給与を受け取る世帯

その国つの通貨建ての利払いを受ける金融機関は破綻する。

当然、発展途上国の金融当局は認めない。

 

上記は記事の一部ですが

なるほどと理解できる

 

リブラからペイパルが撤退して雲行きも怪しい

でも日本のマネックスはリブラに加盟した。

 

未来は読めない。

だからこそ

アンテナを張って考えていかねばなりませんね。

 

 

Marskoinのツイッターはこちら