寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

非常に強い台風から思う情報の非対称性

とある日の東京駅

 

f:id:Marskoin:20191007154512j:plain

 

夕暮れの始まりの時間帯

夜景の始まりの段階の景色って

きれいですよね。

 

 

日経新聞のFinancial Timesのコラム記事は

面白くてお気に入り

 

先日のこの記事も考えさせられました。

www.nikkei.com

グレタ・トゥンベリさんが国連で過激な演説を行ったことは

いろいろなメディアで取り上げられました。

注目すべきは少し別の観点で

 

2025年までに、気候変動への対応が遅れたことによる強烈、唐突かつ無秩序な市場の反応が起こると予測している。

 

現在、ごく一部の保険専門家と気候変動の科学者はリスクを理解している。

ヘッジファンドなど、一部の抜け目ない金融業者も現状を知っている。

いかし、大半の一般投資家は気候変動がもたらす影響の大きさをほとんど理解できていない。

 

その結果生まれるのが、極端な「情報の非対称性」だ。

 

この情報があふれる時代に極端な「情報の非対称性」が生じ得ることに驚きを感じるものの、この記事をじっくり読むと腑に落ちる。

 

そういえば、先日、東京海上さんの買収案件もニュースになってました。

www.nikkei.com

 

この週末に非常に強い台風が日本を襲うようです。

千葉南部を襲った台風より大きなものが首都圏を襲ったら大変なことになります。

 

自分の家族と自分の資産を守るために

この「情報の非対称性」には注意して

実際に行動したいと思う。

 

防災グッズはそろえていますが、

水の買い増しと

ポートフォリオの見直しをします。

 

Marskoinのツイッターはこちら