寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

未来を見据えてぶれずに生きていく

今日の当直飯

 

2019年4月某日 木曜日の昼食です。

f:id:Marskoin:20190726164336j:plain

 

ゴールデンウィーク3連続日当直の2日目です。

病院を移動しています。

GW中は都内の移動が楽ちんでいいですね。

都内の平日の満員電車は尋常でない・・

 

ここは当直室にしっかりとした机がないので

外来や病棟業務の合間は

食堂にPCを持ち込み貯まっている仕事を淡々と処理していきます。

外の景色がまぶしい・・

GW中が仕事でも何も悔しくありません。

種銭をつくって未来に投資できると考えればむしろハッピーですね。

と考えるようにしています。

 

まあ

ものは考えようということですね、ものごとには必ず2面性があります。

 

自分の目標や計画に沿って進む限りは

ぶれてはいけないと思うのです。

間違ったと思ったら即座に進路を修整したり

あるいは

やばいと思ったら逃げることも必用ですが

決めた限り、間違っていないと考えている限りは

この道を突き進んでいく。

 

以前、ブログに書いたかもしれませんが

とある医師の方は

家族で海外に住んでいます。

その医師は月に半分、日本に戻ってきて医師の仕事をしています。

こんな生き方もありですね。

 

定年後はそうしようかな・・

ただ

医学部の定員が大幅に増えたので

これから医師がだぶつきます。

特別な技量と知識・あるいは患者さんを集める武器

を持っていないと話にならないでしょうね。

 

10年後、20年後、30年後の未来を見据えて

日々是修行。

 

Marskoinのツイッターはこちら