寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産形成もお金儲けも時間軸とそのスパンで組み立てて行動する

 

今日の当直飯

 

2019年4月某日 木曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20190722181930j:plain

 

懐かしい当直飯です。

病院食に吉野家やモスバーガーが参入するというニュースがありました。

 

www.nikkei.com

 

病院でファーストフードなんて食えるか

といったような意見がネット上でありましたが

多くの企業に参入してもらったほうが

競争原理が働いていいのかなと自分は思います。

 

こじんまりした病院で

手作り感のある病院食を除いて

まだまだ底上げが必用だと思うからです。

今後に期待したいと思います。

 

 

さて、

焦るとろくなことありませんね。

Marskoinはかつて

FXでレバレッジを思いっきり効かせて運用し

100万円溶かしたことあります。

 

100万円、簡単に溶けますね・・

最初は1万円の損失でもビビるのですが、

だんだんマヒしてきます。

30万くらい儲かって調子こいたら

ブレグジットとトランプさんのお陰もあり

きれいに溶けました。

まあ、下手なだけなのですが。

 

幸い余裕資金でやっていたので

生活に支障があったわけではありません。

 

これ以降はFXは自動売買を基本とし、

US$は定期的にドル転

その他の数か国通貨は積み立てをおこなっています。

 

徐々に気づいたこと

当たり前なのですが

資産形成もお金儲けも時間軸とその期間で考える必要があります。

もちろん、その時の

年齢も関係しますしね。

 

自分のやっていた寝当直の仕事

比較的楽とはいえ

長期間できるものでありません。

あくまでも数年単位でやろうと考えていました。

目的は資産運用のための種銭つくりです。

 

激しい外来(夜診やものすごい数の患者さんの診察など)や

大変なバイト(報酬はいいが他科も診させられる)であれば

あくまで短期です。

しかも、たまにやる程度・・・

これらは長い期間続ければ体を壊したり地雷にあうリスクがあります。

今は一切やってません。

 

法人の仕事であれば

急がずゆっくりと上昇をねらって

10年単位での成長を考える。

 

仕事や稼ぎ方の方法や内容で

その継続期間や出口・目標金額を考えます。

 

お金の運用もしかりですね。

 

超短期なのか・・不祥事銘柄や時事ネタ銘柄の短期決戦など

短期なのか・・上昇方向にある話題の分野の銘柄など

中期・・自動FX、投資信託、先進国株、株式型クラウドファンディングなど

長期・・ドル転、ゴールド現物、インド株、国内外の高配当銘柄など

 

利確のタイミングや注意を注ぐ頻度を調整します。

 

変な方法でなく

・・これ大事だと思います

・・歪んだ方法は破綻すると思う

正々堂々と長続きするよう

資産形成や稼ぐ方法を懸命に考えております。

 

 

Marskoinのツイッターはこちら