寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

アメリカ株の利確 現金と債券の保有比率を上げる 現代の靴磨き少年は?

今日の当直飯

 

2019年4月某日 月曜日の夕食です。

f:id:Marskoin:20190718191823j:plain

 

 

アメリカ株式投信を売却しました。

 

あ、

つみたてNISAはいじっておりません。 

あとインド株式投信も継続しています。

www.marskoin.com

 

アメリカ株式投信はキャッシュに戻し

その分の毎月の積立は

リセッションまでの期間は先進国債券にスイッチしました。

 

リセッションまで現金と債券の比率を上げていこうと考えています。

 

有名なウォール街の靴磨きの少年のお話がありますよね。

株価が好投して投資家が儲かっていうると広く知られるようになると

普段株式投資をしない人たちも手を出し始める。

この代表が靴磨きの少年のわけで、相場の末期の予兆と言われています。

 

 

実体験でも

昨年2018年7月、なじみの美容室で髪を切ってもらっていました。

 Marskoinは髪を切ってもらっている間

リラックスを兼ねて目を閉じています(寝てしまうことも)。

美容師さんとお話しははじまる前を切り終わった後だけ・・

 

聞くつもりはなかったのですが、

隣の若い女性と若い女性の美容師さんが

ZOZOの話で盛り上がっている。

ゾゾスーツが最高にいいとか、

とにかく褒めちぎってる・・・

 

この日の帰り道にzozoの株価をチェック。

お~~右肩上がり!

f:id:Marskoin:20190718193810p:plain

 

 

振り返ってみるとその時がほぼ株価のピークでしたね。

隣の女性はzozoさんの株を買っていたわけではないので

靴磨きの少年の話とは異なります。

 

ただ、言いたいことは

株価は人知れず人気が経ちあがってきたころが肝要ではないかと。

 

閑話休題

 

アメリカ株に戻ると大統領選挙までは

何とかリセッションを回避しようとするのでしょうが

その手法がいよいよ手詰まりになってきたように

感じます。

 

アメリカ株はもちろん有望ではありますが

いったん利確して現金にしておくことにしたんです。

リセッションしたら、また積み立てを開始します。

アメリカ株つみたてのお休みとしました。

 

まあ未来は読めませんので

あたるとも思っていません。

 

ですが、

イケハ*さんがここ最近、アメリカ株に言及している・・・

靴磨きの少年のように見えてしょうがない・・

背中を押されました。

 

未来を予想できない一個人の判断です。

どうぞ真似をしないでくださいね。

 

ちなみに

FX自動売買も増額します。

 

 

Marskoinのツイッターはこちら