寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

浪人時代を思い出し、今思う大切なこと 予備校時代その2

今日の当直飯

 

2019年2月某日 火曜日の朝食です。

f:id:Marskoin:20190620225744j:plain

 

なめこの味噌汁大好きです。

日本人でよかった!と思います。

大根の味噌汁も好き

ただ、なめこの味噌汁は赤だしが一番かな・・

 

 

予備校時代は世田谷の寮に住んでました。

ごくたま~~に小田急線に乗ることもあるのですが

そんな時は思いだしますね。

 

どうでもよいことですが

その某予備校の寮は遊んでいる人が当時多くて

中野の女子寮の女の子と合コンとか開いていたようです。

 

Marskoinはここで踏ん張らないと

医学部に入れないと固く信じていましたので

自分で言うのもなんですが

超真面目に本当の勉強一筋してました。

 

そんな寮の夕食風景とかも懐かしい~~

カレーがご馳走だったような・・

超狭い部屋も

よく覚えています。

 

タイトルの

「浪人時代を思い出し、今思う大切なこと」とは

また異なりますが

やっぱ、やる時に踏ん張ることが

できるか・できないかで結果は出ると思います。

 

「なんとかなるっしょ!」

では駄目だと思うのです・・

 

勝負をかけるときは踏ん張る・やりぬくことが必用。

これは大人になってもそうですね。

資産形成・資産防衛も同じ。

今やらなければ絶対に実現できないと信じています。

 

また長くなったので

その3に続く

 

 

Marskoinのツイッターはこちら