寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

20代の自分に伝えることができたら

今日の当直飯

 

2019年2月某日 木曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20190613230957j:plain

 

この下町の病院は寝当直まではいきません。

それなりにコールがあります。

まあ、仕事ですからしょうがないのですが

寝てる時に家族以外に起こされるのは苦痛でした。

そんな当直生活も終わったわけですが

人というのは勝手なもので

それはそれで少し寂しい・・

当直飯の写真の在庫が減ってきたしね。

 

 

 

今、全力で資産形成・資産防衛に励んでいます。

人生にたらればはありません。

 

でも20代の時、もう少し本を読んでおきたかったな。

20代の頃は海外留学と医師として技術をあげることしか考えていなかった。

医学書は一杯読んで、激しい救急当直も数をこなしてきたけれど

それはそれでもちろん貴重な体験と財産。

 

ここに視野を広げるための本が加わっていたら・・

まあ

たらればはないので

今一生懸命しているわけです。

 

逆に今気づいてよかったのかもしれません。

若い時にこうしておけばというのは

きっと

今実行すればよいのだと思う。

今、気付いたこと学んだことを全力でやっていきたいですね。

 

Marskoinのツイッターはこちら