寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

現実をみて老後について考えた

今日の当直飯

 

2018年9月某日 火曜日の朝食です。

 

f:id:Marskoin:20190128193212j:plain

 

ここの病院の当直飯では珍しく

洋食の朝食です。

 

Marskoinは朝食は和食派ではありますが、

感謝していただきます。

種銭つくりができることにも

心から感謝です。

目標までがむしゃらに頑張る決意です。

 

 

 

先日、初めて訪問診療・往診のバイトというものを経験しました。

日中のバイトは自分の専門分野を基本するようにしていますが、

その日は自分の専門案件がなかったのです。

専門分野ではありませんが、

当直・救急スキルがあればできる分野です。

初勤務と相成りました。

 

訪問診療とは、在宅の方や施設に入所している方々の

往診をする仕事となります。

 

そこで

いろいろと考えさせられました。

いつかは皆年をとるわけで

そして人さまにもお世話になるわけです。

 

その環境が在宅にしても、施設にしても

大きく違うんですね。

目の当たりにしました。

 

快適な環境にいることができる方は

やはり経済的な裏付けがあるわけです。

一方、そうでない場合

なかなか自分の好きなようにはできないわけで・・

 

老後のことはあまり考えたくはないですが

具体的にどうできるか

そのためにはどのように準備して

どの程度の経済力が必要なのか・・

 

そして何より

老後は健康格差が顕在化してくるわけで

その健康を良好に保つためには

どうすればよいのか。

 

元気なうちに逃げずに真剣に考えて

そして

毎日行動していかないと

将来つらいことになるのかもしれない・・

 

そんなことを考えた一日でした。

 

 

<a href="https://twitter.com/Marskoin_com" target="_blank">Marskoinのツイッターはこちら</a>