寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のためのドル転やゴールド買い

今日の当直飯

 

2018年9月某日 月曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20190122212741j:plain

 

当直室のベットはあまり大きくありません。

枕も自分の好みと違う。

ですが、

横になれば速攻寝ることができます。

どこでも寝られるタイプです。

でないと当直三昧で来なし・・

図太くたくましく生きていこうと思います。

 

 

Marskoinは資産防衛のために

アメリカドルやゴールドを

毎年一定割合で資産に組み込んでいます。

円資産だけで持っているのがとても怖いのです。

 

国の膨大な借金以上に個人の金融資産があるから大丈夫

ギリシャやイタリアとは違う

想定外の場合は!?

 

資産の置く場所も注意が必要だと思うのです。

 

ドル円のレートは100~120円内でだいたいおさまっていますが、

アメリカの物価を日本円に直すと

ずっと高いんですけど。

最低賃金、ホテル代、食事代・・・

 

円の価値ってホントに大丈夫?

って自分の肌感覚で感じてしまうのです。

 

資産を増やす運用と

資産を防衛する運用と

意識してポートフォリオを組んでおります。

真剣に10年後を考えねばなりません。

 

Marskoinのツイッターはこちら