寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

脱社畜を考える・・・ 医畜(院畜?それともクリ畜?)の立場から

今日の当直飯

 

2018年9月某日 木曜日の夕食です。

 f:id:Marskoin:20190116194357j:plain

 

当直してヘルシーなご飯を食べれること

お酒を飲まず肝臓を休めること

に感謝します。

 

さて今週は

日勤→当直→日勤→家に帰れる!

日勤→当直→日勤→当直→日勤→夜診→深夜に家に帰れる!

日勤→土曜の夜から日曜日1日はお休み!!

という生活をおくっております。

「当直+2連直+夜診」ですね。

 

ま、

4連直に比べたらましです。

社畜といっていいような医師ですね。

 

最近、「脱社畜」がにぎわっているようです。

サロンも多いににぎわっているようで・・。

もちろん命にかかわるようであれば

ためらわず全力で逃げるべきだと思います。

 

ただ、

世の中、なかなかややこしく複雑で

難しく、そして相当大変だったりするわけです。

 

人それぞれあるから

気安くアドバイスも難しい・・。

 

でもひとつだけ

隣の芝が青く見えるという理由で

逃げるのだけはやめた方がいいと思う。

 

「脱社畜」大いに結構ですが

命に係わるリスクがないという前提のもとでは

相応のお金とやめた後のあてをつくってから

脱社畜したほうが良いのかなと。

 

Marskoinは

病院の畜です。

これって用語はあるのでしょうか!?

医畜?

院畜?

それともクリニックの畜ということでクリ畜?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

 

医畜が分かりやすのかな。

勝手に、医畜と呼ぶことにしよう。

 

医畜がいいわけない。

Marskoinだってもちろん、脱医畜を考えています。

でも逃げ出すのではなくて

2つの条件を目標として自分に課しています。

それは

 

自分の専門分野でアガリになること

 

お金に不自由のない資産防衛・資産運用を構築すること

 

目標通りになるかは分かりません。

ですが、

一度の人生、頑張ってやろうと思います。

細かい内容は内緒ですが・・・

 

少なくとも

お金がないまま飛び出すと

資本主義社会の中では怖いことになる気がします。

 

Marskoinのツイッターはこちら