寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために必要なこと その8.4 未来を見据えて長期間スパンで行動する

今日の当直飯

 

2018年7月某日 月曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20181126201251j:plain

 

Marskoinの専門はメジャー系のどれかです。

 

メジャー系とは、内科、外科、産婦人科、小児科など

一方でマイナー系と呼ばれる診療科は

皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、精神科、放射線科など。

 

自分の記憶では

(正しくないかもしれません、ご容赦ください)

前者は全身管理をし忙しい科、入院患者さんが多い。

後者は(誤解を恐れず言うと)局所管理をし、自分自身のQOLが比較的良好。

(マイナー科でも大変な科はいくらでもあります・・)

 

ま、

研修医の頃は激務でした。

でもですね。

楽しかったんです。

どんどん技術と知識が身につくので。

その選択は今でも良かったと思います。

 

ただ、専門分野以外の知識の習得には疎かった。

 

海外にもいった。

企業の海外駐在と違い、給与は安い・・

で、気付くとお金がなかった泣

 

でもいいんです。

数年前に気付くことができましたから。

 

自分より年下のぶち抜いているある人の姿をま間近で見て。

セミナー受けたり、直接お話をさせていただいたり、

で、

決心しました。

この分野も頑張ろうと。

 

医学関係の本や論文以外の読み物はトンとしていませんでしたが

ビジネス本、啓蒙本を読むようになり、

種銭つくりにに励んだり、

やると決めたら、やってやろうと思います。

 

資産つくりに全力で走り出して数年経ちましたが、

少しづつ光が見えてきたようです。

 

仕事も資産つくりも妥協せず、

全力で手加減せず継続し続けます。

 

ま、

駄目でも死にはしない。

 

www.marskoin.com

 

今年もあとひと月ちょい。

後悔しないよう毎日、110%の力で頑張る。