寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために必要なこと その8.3 未来を見据えて長期間スパンで行動するために当直飯を食べながらお金さんのことを考える

 

今日の当直飯

2018年6月某日 火曜日の夕食です。

f:id:Marskoin:20181029195233j:plain

当直飯にいつも感謝しながらいただきます。

しかも働く機会をいただいてありがたいですね。

 

資産防衛のために必要なこと

第8章は「未来を見据えて長期間スパンで行動する 」です。

www.marskoin.com

 

数年前から、資産形成・資産防衛のために当直を再開して現在に至ります。

当直業務はもうしない!と考えていたのですが、

選り好みして資産形成・資産防衛はできないと気付いたんです。

それからは修行僧として、当直、夜診(遅い時間の外来)、土日の勤務などなど。

いろいろな病院を巡りました。

で、

通勤のしやすさ、仕事内容、病院の雰囲気(ハードとソフト)、報酬など加味して、最近はほぼ固定してきました。

自分のなかで目標ラインを設定していて、それを到達するまでは歯を食いしばって頑張ろうと思います。

修行僧ですから・・

 

そしてお金さんの大切さに気付いてよかったです。

なぜ、気付いたか・・

ある成功者のセミナーに参加してからです。

安くないセミナーでしたが、そこから変わりました。

 

医師としての仕事と、勤務医として最低ラインの給与であっても資産を気付くことの両立を本気で目指すことになったんです。

 

今年も残り2か月、全力で両方に突っ走ります。

気迫をもって走ろうと思います。

お金さんに敬意を払い、稼ぐ機会に感謝して頑張ります。