寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

SBIソーシャルレンディングさんの2案件に申し込み完了! 延滞債権の回収状況は!? SBISL不動産バイヤーズローンファンド17~22号

本日の当直飯

 

2018年5月某日 金曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180919193723j:plain

 

病院にこもって仕事してると食事が唯一の?楽しみになります。

ここの病院の当直飯は品数が多め、

そして全体的に美味しいのがありがたい。

ただですね、毎回ご飯がかなりぱさぱさでその味にも難点があったのが残念。

古いお米なのかな。

しばらく我慢してましたが・・やっぱ問題あるよね・・。

 

当直飯は、患者さんに適正な病院食が出されているかをチェックする役割もあります。

なので、当直飯は検食ともいわれます。

検食というからには、食べ終わったら食事内容のチェックを記入するんです。

で、

検食簿にご飯の問題点を記入しました。

すると、その2週後に行った時には、改善してました!

やっぱ、患者さんにおいしいものを食べて欲しいですからね。

よかったよかった。

 

 

ソーシャルレンディングへの投資をコツコツ続けています。

最近では

SBISLメガソーラーブリッジローンファンド16号

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 20号

f:id:Marskoin:20180919201224p:plain

の2つに申込み済み。

 

 

この記事を書いてるのが締め切り前の当直中

直近で3案件が募集されていました。

こんな感じ。

f:id:Marskoin:20180919200701p:plain

いずれも10億、15億、18億と募集額が巨大なせいもあり、

クリック合戦にはなりませんでした。

この記事がアップされる前に判明しますが、

SBISLメガソーラーブリッジローンファンド16号の18億は募集額まで集まるのかしら?あと2億ちょいですね。

 

 

ところで、

先日、ファンドの延滞中の債権について報告がきました。

該当ファンドはSBISL不動産バイヤーズローンファンド17~22号ですね。

自分も19号を保有しています。

f:id:Marskoin:20180919200509p:plain

 

報告の内容はというと

 

2018年7月9日付で送付いたしました「一部の借手からの利息の支払がなされないことに伴う分配不能のお知らせ」の件につきまして、延滞債権の回収状況についてご報告いたします。
 誠に遺憾ながら、下記ファンドの延滞中の債権について、2018年8月8日から9月7日までの期間における回収額はございませんでした。

 

現在、担保不動産の競売手続や担保不動産を含めた借手の資産売却等による回収を鋭意検討しております。


お客様には多大なるご迷惑をおかけしており心よりお詫び申し上げます。

今後も引き続き、担保不動産の売却等による回収に注力してまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

回収がなかったのは残念です。

ですが、きちんと報告していることは安心ですし、

SBIソーシャルレンディングさんですから、きちんと回収してくれるものと考えています。

 

Marskoinは、現在、

SBIソーシャルレンディングさんとOwnersBook(オーナーズブック)さんの新規案件に申込んでいます。

Maneoさん、ピレリートファンドさんは、グループのグリーンインフラさん問題が落ち着くまで新規案件応募を見送っています。

Maneoさんにもまた応募したいので、是非、踏ん張ってほしいところですね。

 

株式型クラウドファンディングは

FUNDINNO(ファンディーノ)さんがおすすめです。

Marskoinは5案件に投資済み。

f:id:Marskoin:20180919203103p:plain

種から芽が出る日を楽しみにしています。

頑張れ~

 

 IPOが当たらないと嘆いている方は

ハイリスクを理解の上で、種をまいてみてもよいかもしれませんね。