寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

楽天証券さんの快進撃を受けて、NISA口座を楽天証券へ変更します!

今日の当直飯

 

2018年4月某日 月曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180903200509j:plain

 

東京郊外の病院での当直飯です。

こちらもヘルシーですね。

ありがたく感謝していただきます。

忙しくなく、当直室も割合いい感じなのですが、

当直明けに戻る電車のラッシュがすさまじいのです。

で、

残念ながらごくごくたまにしか勤務させていただいてません。

 

 

ここ最近、楽天証券さんの快進撃が凄いですね。

楽天証券さんの比重を高めざるを得ません。

 

NISAはマネックス証券さんでおこなっているのですが、

残りの期間だけでも楽天証券さんに変更しようと思います。

 

 

 

NISA口座を楽天証券へ変更する方法を調べました。

 

最初に、現在利用している証券会社から、

「非課税管理勘定廃止通知書」または「非課税管理口座廃止通知書」を取り寄せます。

 

届いたら、楽天証券さんのNISAページへログインします。

 

「NISA  / つみたてNISA」タブ→

「NISA・つみたてNISA口座申込 / 受付状況」→

「NISA口座開設の申込み」→

「NISA口座を他社から変更する」をクリック。

 

 

善は急げで手続き開始!

 

f:id:Marskoin:20180903203151p:plain

 

 

 

f:id:Marskoin:20180903203219p:plain

 

 

 

f:id:Marskoin:20180903203317p:plain

申込み完了!

こういうのって、思いたった時にしないとね。

 

 

申込み後は

楽天証券さんから「スターターキット」が届くそうです。

こちらからは次の書類を返送すします。

   ・「スターターキット」に同封されているNISA口座開設のための申込書

   ・「非課税管理勘定廃止通知書」または「非課税管理口座廃止通知書」

   (住民票は不要)

 

税務署にて開設審査開始

開設処理終了後、NISA口座開設完了

これで取引がようやく開始できます。

 

それなりに時間がかかりそうですね。

でも、有利になるよう行動していきます。