寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために寝当直医が読んだ本 その14 命の格差は止められるか 

命の格差は止められるか
ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業

 

イチロー カワチさん著 

 

 

 

命の格差は止められるか ハーバード日本人教授の、世界が注目する授業 (小学館101新書) [ イチロー・カワチ ]

 

経済格差が急速に広がっているように感じています。

 

この経済格差は経済だけの格差ではなく、

健康や寿命、そして学力の格差につながっています。

 

この本のなかでも

資本主義の国においては、健康格差は必ず発生します。

そして

格差は次世代に引き継がれる。

と明記されていますね。

 

大切に思うのは、

こうした格差が生じていることを知ること。

では、

自分の環境ではどのように考え

どのように対策を実行し継続していくのか

ということではないでしょうか?

 

真剣に考えないと10年後、20年後に

目に見えた健康・体力に差が生じてしまうように痛感しています。

 

そんなことを考え、見つめなおす一冊になると思います。

 

自分の生活環境の中では、

食事内容、

お酒の量、

そして有酸素運動と筋トレ

というところに落とし込んでいます。

 

 

 

資産防衛のために必要なこと

 

第1章 体力

 

だと思うのです。

www.marskoin.com