寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

かつて100万円を溶かしたMarskoinの現在のFX運用

今日の当直飯

 

2018年1月某日 水曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180709200646j:plain

 

野菜が多くヘルシーです。

 

Marskoinは野菜好きです。

ですので、感謝していただきます。

 

 

 

 

ところで

救急外来以外でも医療現場ではドラマがあります。

 

Marskoinが研修医に毛が生えた程度の

まだ若かりし頃、

オーベン(業界用語で上級医、つまり先輩医師のこと)の

大腸内視鏡検査を見学していた時のことです。

 

大腸内視鏡検査の際には、不安や苦痛がやわらぐように

鎮静剤を使用することが珍しくありません。

患者さんの希望や病院や担当医の方針もあります。

 

で、その鎮静剤の種類によっては

脱抑制(理性の働きが鈍くなります)が生じることがあります。

かなり個人差がありますし、頻度も決して高いわけではありません。

脱抑制が生じない人がほとんどですよ。

 

見学していた時、

まあ、もう20年以上前なので、

患者さんのことはよく覚えていないのですが、

比較的若い女性だったと思います。

 

検査がはじまってしばらくすると

独り言をペラペラしゃべりだしました。
(自白作用があるともいわれます・・・)

 

検査が少しお辛いようで

なにかまた言い出しました。

 

すると

 

 

なんと

 

 

 

「あ~~~いたい~~

 あ~~~こんなんだったら

 もっと練習しておけばよかった~~~」

 

 

!?・・・!!

 

担当医、介助の看護師、Marskoin

皆、一斉に固まりました。

 

「(皆の心の声)・・・何の練習をするというの!?・・・」

 

直腸にすこし擦過創!?があった以外は

幸い問題となる所見はありませんでした。

 

検査がおわり、鎮静剤の効果が切れると

患者さんは元気にお帰りになりました。

 

はい、大丈夫ですよ。

患者さんは覚えていませんので・・・

 

 

 

 

前フリが長くなってしまいました。

 

Marskoinは昔FXなどで100万円溶かしたたことがあります。

 

もう2年以上前になりますね。

最初に30万円入金し、勉強した成果で短期売買実践!

 

ひと月で30万円が40万円に増えたので

お~~才能あるかも~~

これに気をよくして70万円を追加入金~

 

大きな勘違い・・・なのですが

 

 

ブレグジットでとんだ痛い目に・・・。

 

何とか修復をと!こらえていたのですが

トランプさんの当選できれ~~~いにお金が溶けました!!!

 

まあ、レバレッジも相当聞かせていましたしね。

 

 

でも

 

でも

 

相当言い訳がましいのですが、

かなり勉強になりました。

テクニカルも学べましたしね。

 

ただ、FXの短期売買は感情が入るし

人力でやってはいけないように感じました。

 

Marskoinはパチンコや競馬などギャンブルは一切やりません。

でも、FXの短期売買を手動(裁量取引)でやってるとはまってしまったのです。

買った時の喜びと、負けた時の今度こそというあの熱中は

おそらくギャンブルに似たような高揚感ではないでしょうか。

 

そして、相場からは離れられなくなります。

株と違って、FXは月曜の早朝から土曜日の早朝まで連続で相場が動いています。

 

で、

Marskoinは長期売買(基本ホールド)を積み立てで

短期売買はFX自動売買をおこなっています。

感情が入りませんし、楽だし、収益が安定しています。

 

積み立てではたまに逆張りで少額を追加購入します。

長期ではレバレッジは基本1倍近く。

短期売買は設定したら自動売買にあとはお任せ。

 

これがかつて100万円を溶かした反省後のMarskoinのFX運用スタイルです。

 

ちなみに

 トルコリラがようやく下げ止まるのでしょうか!? 

 いやいや、短気の裁量取引はやめておこう。