寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために必要なこと その5.3 本気で学び、日々真剣に考え、先延ばしにせず実行!

今日の当直飯

 

2017年11月某日 水曜日の夕食です。

 

 

f:id:Marskoin:20180620205954j:plain

 

この病院での当直は気に入って、

 

現在、非常勤のレギュラー勤務をしております。

 

当直室はきれいで新しく、冷蔵庫、シャワー、ベッド、机、テレビ、ドライヤー、田氏レンジ付きです。

 

満足しております。

 

ただ、窓はなく、部屋は狭いのですが、

 

資産形成・資産防衛をする修行の身としては

 

贅沢なことです。

 

家族とラインでテレビ通話するのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

資産防衛のために必要なこと その5.3 

 

本気で学び、日々真剣に考え、先延ばしにせず実行!

 

 

第5章は下記の記事で3つご紹介してきました。

 

www.marskoin.com

 

www.marskoin.com

 

www.marskoin.com

 

今回は、日々真剣に考え

についてです。

 

Marskoinはかつて

お金を求めることは

卑しいと思って生きてました。

 

税金も稼いだ分だけ、

お国に役立てようようと考えていました。

 

う~ん、

昭和の人間ですね・・・。

 

ほんの数年前までのことです。

 

小中高大とお金の授業は皆無でした。

大学は経済学・経営学に進まれた方は実践的な勉強もできるのでしょうか?

すくなくとも医学部は皆無でした。

 

 

 

ですが、

気付きました。

いや、覚醒しました。

有益なセミナーのお陰もあるでしょう。

 

一生懸命働けばお金はついてくる

ということは

資本主義の世の中では

必ずしも正しくありません。

 

税金の知識も常識として身につけるべき。

中小企業の社長さんがなぜ羽振りいのか、

なぜ領収書を都度、請求しているのか、

必用な知識です。

 

しがない勤務医はそんなこと

まったく知りもせず、

医者だから大丈夫でしょ!

と根拠なき安心に浸っていたのです。

 

今は、

謙虚に

お金を敬い、

どうやったらより多く稼げるか、

日々真剣に考えることが必用だと

確信しています。

 

この哲学はとあるセミナーで学びました。

講師の方との

経済力

生活力

発信力

の歴然とした差を

はっきりと見せつけられ、

目が覚めたのです。

 

お金を稼ぐための

複数の手段をもつこと、

しかも

正攻法(いかがわしいことは決して続きません)で

いかに多く儲けることができる

自分のオリジナルの方法

を生み出すこと

について日々真剣に考えています。

 

お金を稼ごう、

資産家になろう、

という気持ちがなければ

資産家になることは実現できません。

少なくとも資本主義社会においては・・・。

 

そして種銭をためるのに

仕事は選べない、

その段階では

修行僧のように頑張るべし

がモットーです。

 

なんか、まとまりのない内容で失礼しました。

日々、考えていること念じていることを

書き出してみた次第です。

 

皆で資産を築いていきましょう!!!