寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産防衛のために必要なこと その2.3 節約

今日の当直飯

 

2017年11某日 水曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180611195807j:plain

 

恐る恐る寝当直業務を再開して、徐々に勤務日を増やしています。

 

2日間連続して当直することを、

業界用語で連直(または2連直)といいます。

 

当初は連直をしないようにしていましたが、

種銭をためる意識が強くなるにつれ増えていきました。

 

3日間連続して当直することを、3連直といいます。

4日間連続して当直することを、4連直といいます。

 

最近、多い週は4連直!しています。

まあ、寝当直だから成り立つのではありますが・・。

 

それでも、4連直はしんどいので、種銭の貯まり具合をみて減らそうとは思います。

 

このように自分の時間を潰して稼ぐことが良くないのは

重々承知です。

種銭つくり、資産運用に回すための仕事として時分のなかで線引きをしています。

 

 

 

 

 

 

資産防衛のために必要なこと その2の章は

 

節約

 

です。

 

話がそれますが

中央銀行がインフレターゲットといっても、

増税、社会保障費の増大、人口オーナス、広がる格差という暗い未来しか見えなければ、まあ、当然節約しますよね。

 

企業の収益があがっていても、消費が伸びないわけです。

あくまで、持論です。

 

 

 

で、第2章は節約シリーズです。

 

資産防衛のために必要なこと その2 節約
ワインの節約

www.marskoin.com

 

資産防衛のために必要なこと その2.1 節約
お酒と衣服の節約

www.marskoin.com

 

資産防衛のために必要なこと その2.2 節約
固定費(スマホ)の削減

www.marskoin.com

 

と書いてきましたが

今回は、コーヒー編です。

 

Marskoinは大のコーヒー好きです。

 

ですが、スタ*とかタリー*とかコーヒーショップで買うことはありません。

Sサイズ1杯300円とかありえない。

でも、コンビニや缶コーヒーは品質があがっているとはいっても

個人的にはまだまだです。

味と香りに限界を感じます。

 

外でコーヒーを買わないのは

 自分で豆から挽いて、コーヒーをいれて

仕事に持参した方が

はるかに安く、そしてはるかに美味しいからです。

 

 

コーヒー豆は時間がないのでセールの時にネットで買います。

 

 おすすめのQグレード

[500gお得袋]コスタリカ世界規格Qグレード珈琲豆/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店/珈琲豆

 

 

 

忙しい朝も電動ミ使えばストレスしらず。

手で挽くタイプは長続きしない・・と思います。

 

[お取り寄せ商品]電動コーヒーミルCM-50/カリタ(Kalita)/珈琲ミル グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店

 

 

 

 このコーヒーメーカを使うと冷めないし、

煮詰まらないので素敵!

メリタ(Melitta) コーヒーメーカー ノア NOAR SKT54-1-B ブラック [2~5杯用][ペーパードリップ式][SKT541B]

 

 

 

 で、

仕事にもっていく際にはこの魔法瓶が秀逸。

香りを閉じ込めて、

しかも

アツアツのコーヒーをふたのコップで飲むことができます。

 

サーモス ステンレススリムボトル 500ml(0.5L) ブルー FFM-500 BL【thbr2】

 

 

 節約はするけれど、

生活のQOLは守りたいと思っています。

と偉そうのことを言う割には寝当直をしていますが笑

このブログ記事をかいているのは

4連直の1日目の夜です・・・。