寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

楽天証券さんが、IPO引き受け再開!!

今日の当直飯

 

2017年10月某日 月曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180604204003j:plain

 

味付けと栄養バランスに優れた当直飯です。

 

ありがたいですね。

 

 

当直の仕事は以前は医局の紹介が主でした。

 

ですが、インターネットの普及により当直の仕事も

 

ネットが病院と個人を結び付ける時代となりました。

 

そして、医師の働き方も大きく変わりました。

 

フリーター医師といって、常勤を持たずに働いている医者も登場しています。

 

それが成り立つのは、他の業種と違って、医者の世界では常勤よりも

 

非常勤の方が報酬単価が高かったり、

 

病院の規模が大きく有名になるほど給与体系が低かったり

(ほかの業種で、大企業より中小企業の方が給与が高いなんてありえませんよね!?)

 

などの事情があるからでしょうね。

 

まあ、自分は自分の意志で給与の安い施設に努めているわけですが、

 

だからこその寝当直や資産防衛だったりします。

 

 

 

少し前の話ですが、5月31日の日経新聞の記事です。

 

「楽天系IPO引き受け再開」

 

楽天証券はIPOの引き受け業務を10年ぶりに再開することを決めた。

 

www.nikkei.com

 

Marskoinは楽天証券さんで昨年1月のiDeCo開始に合わせて

 

口座開設をしました。

 

というのも、楽天証券さんは最初から口座管理手数料が完全無料だったからです。

 

SBI証券さんを使いたかったのだけれど、

 

SBI証券さんは当時は無料ではなかったんですね(現在は完全無料になっています)。

 

で、

 

楽天証券さんは、今までiDeCoのみの活用だったのです。

 

しかし、

 

IPO引き受け再開でがぜん面白くなってきました。

 

IPO当選確立をあげるためにも

 

楽天証券さんの口座開設は必用となってきましたね。

 

 

 

 

インド株でも活用していこうと考えているこの頃です~