寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

現金決済 キャッシュレス後進国日本について

今日の当直飯

 

2017年9月某日 水曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180523194245j:plain

 

文句なくヘルシーです。

 

ありがたくいただきました。

 

 

 

基本、Marskoinは日常生活で現金を使用しません。

 

当直に入る前に水やヨーグルトなどを買うために

 

コンビニやドラッグストアで買い物をします。

 

これで、200~300円程度ですが、

 

迷いなくクレジットカードを使います。

 

ポイントをためる意味合いが強いですね。

 

不思議に思います。

 

今日も、ドラッグストアで買い物してから当直していますが、

 

この額の買い物でも、たいてい

 

「一回払いでいいですか?」

 

と聞かれます。

 

う~ん、

 

一度、「分割で!」と言ってみたいのですが、

 

勇気がありません笑

 

 

先日、自動車税を郵便局から納付してきました。

 

5万8千円と安くないのですが、

 

郵貯のATMでおろして窓口から支払いました。

 

なぜ!?

 

二つ理由があります。

 

1. カード払いだと手数料を取られること

 

手数料より高いポイントがたまるカードの使用を

 

薦めてている方もいらっしゃいますが、

 

差し引きでポイントが多いというのは、

自由度の高いキャッシュを犠牲にして

 

自由度の低いポイントで取りかあえしているように感じてしまうのです。

 

2. カード払いだと税金を納めた証明書の入手が後日となること

 

最近、車検ではこの証明書がなくても、

 

納税照会で問題ないようなのですが、

 

漠然とした不安が・・・

 

 

日本のキャッシュレス後進国を問題にしている割には、

 

キャッシュレスを推進する体制がまだ駄目駄目ですね。

 

税金を手数料なくカード払いにするだけでも

 

キャッシュレス比率が相当上がるきっかけになると思うのですが・・。