寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

資産運用としての投資信託 インド好きなのです! ~iTrustインド株式 がすごい~

今日の当直飯

  

2017年3月某日 水曜日の夕食です。

 

f:id:Marskoin:20180417121629j:plain

 

以前も勤務したことがある新幹線通勤の病院です。

 

当直しに新幹線でいくなんて~

 

やっぱり、当直室が新しく清潔~~快適!

 

当直飯もおいしい。

 

遠いので最近は勤務していないのですが、

 

また機会があれば行きたいですね。

 

 

 

 

Marskoinはアメリカの研究所で

 

インド人の優秀さと増加を目の当たりにしてから、

 

インド株式ファンドに10年以上投資しています。

 

インドの人口が2030年までには世界1になることも加味しています。

 

とはいってもまあ、

 

その額は500万円程度に過ぎませんすが・・・。

 

 

その主力は

 

新生・UTIインドファンド

f:id:Marskoin:20180417123639j:plain

 

 

高成長インド・中型株式ファンド

f:id:Marskoin:20180417122435j:plain

 

の2つでした。

 

分配金はすべて再投資にまわしています。

 

長期で見ると優秀ですね。

 

 

気に入っていたインド株式ファンドでしたが

 

なんと、この4月に

 

iTrustインド株式

 

が登場しました!!

 

 

何が特徴なのかというと

 

f:id:Marskoin:20180417122853j:plain

 

そうなんです。

 

ノーロード!であると同時に、

信託報酬率も業界最低水準!!

なんですね。

 

自分が投資している3つのファンドで比較してみます。

 

 

新生・UTIインドファンド
申込手数料率(500万円未満):2.16%
信託報酬率:1.9312%程度


高成長インド・中型株式ファンド
申込手数料率(5000万円未満):3.24%
信託報酬率:2.0294%程度


iTrustインド株式
申込手数料率:なし
信託報酬率:1.48344%程度

 

差は歴然ですね。

 

徐々に乗り換えていこうと思っています。

 

iTrustインド株式は

 

この4月から既に積み立てを開始しています。

 

インドは貧富の差が大きいことやインフラの未整備

 

といった課題ありますが、

 

こうした課題があるうちに投資をしていかないといけないと

 

個人的には考えています。

 

 

それでは、また。