寝当直医の資産防衛

医師は金持ちではないと気付いてから、資産防衛(金、不動産、ドル転など)と資産運用(ソーシャルレンディング、投資信託、株、FXなど)をおこなっています!奮闘ぶりを赤裸々に告白するとともに、再現性のある資産防衛手法をご紹介しますね。

土曜日も資産つくりのための種銭つくりのために内視鏡バイト ~SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 15号の申し込みは忘れずに!~

今日の当直飯

 

2017年3月某日 水曜日の夕食です。

f:id:Marskoin:20180414200301j:plain

 

この病院は東京のお隣の県にあります。

 

アクセスが悪いため、このとき1回のみの当直でした。

 

豪華です!

 

お刺身付きです!!

 

こうした当直飯は最近ではレアですね。

 

ここは療養・リハビリ病院です。

 

その夜は寝当直ですみました。

 

患者さんにお変わりなく何よりですね。

 

 

 

さて、今日は1日、都内郊外の病院で内視鏡をしてきました。

 

Marskoinは消化器内視鏡専門医なのです。

 

内視鏡の仕事は好きですね。

 

初めての病院でしたが、スタッフが親切で、活気がありましたよ。

 

午前は経鼻内視鏡、午後は下部内視鏡でポリープ切除(EMR)でした。

 

こうして人のために役に立って、お金をいただけるのは充実感があります。

 

 

 

ただ ただ、

 

冷静に資本主義であることを忘れず資産形成、

 

資産防衛をしていきたいと思います。

 

日曜日は基本休息日にしていますが、

 

それ以外の日は、懸命に働いて種銭貯める覚悟です~

 

 

 

 

 

 

土曜日なのでゆるいお話を

 

先日、当直の際にテレビで「家事えもん」さんが出ていました。

 

ご結婚されたようです。おめでたいですね~

 

ただ新婚生活(かな?)、

 

バスタオルを洗濯機に入れないようにとか、

 

お風呂の栓やいすを床につけないとか、

 

除菌シートの多様などなど

 

潔癖症の様子が取り上げられていました。

 

う~ん、どうでしょ。

 

家を片付けて整頓するのはよいのだろうけれど、

 

潔癖症って行き過ぎると、体に良くないと思いますね。

 

ご夫婦は大人なのでもう免疫が整っているとは思いますが、

 

これから生まれてくるお子さんにとっては、

 

きれいすぎる環境は免疫を形成するうえでよくないと思います。

 

もともと人は、細菌、真菌、寄生虫に囲まれて生きてきたわけですから、

 

これらに抵抗する免疫が備わっているわけです。

 

きれいにしすぎるとその免疫の使い道がなく、

 

自己への攻撃に向かう可能性があります。

 

そうした疾患が先進国では増えていますね。

 

まあ、「家事えもん」さんもテレビ的に受けるように

 

大げさに盛っているのかもしれませんが。

 

潔癖症もほどほどがいいと思いますよ。

 

 

 

最後に資産運用の忘れてはいけない情報です。

 

4月17日 午前10:00から

 

SBIソーシャルレンディングさんの下記の募集がはじまります!

 

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 15号

 

予定年間利回り 6.5%

 

運用期間 約12ヶ月

 

万難を排して申し込みましょうね。

 

SBIソーシャルレンディングの申し込み競争は熾烈です。

 

申し込み開始時間が10時からですから、

 

家族の協力が必要ですね。

 

申し込みを頑張りましょう~

 

それでは、また。